FXにおいてのスキャルピングとは? - 初心者から稼げる、失敗しないFX入門

全23回の無料セミナー

8万9606人以上の株投資家がチェックしている無料「株式テクニカルトレード」動画セミナー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXにおいてのスキャルピングとは?

スキャルピングとは、
デイトレの手法でわずかな利幅狙って短い時間で売買を繰り返すことをいいます。
スカルプとはもともと敵の頭の皮をはぐという意味。
それが転じて、株式市場に於いて、投資顧問業者がある銘柄を買い推奨して、その結果値上がりしたところで投資顧問業者自らが売り抜けるというやり方を指す言葉。
最近は、デイトレーダーが、短時間の売買でわずかな利幅を掬い取る取引方法を指すようになってきています。
(All About マネー用語集「スキャルピング」より抜粋)

スキャルピングは数秒〜数分で取引が行われるため必然的に取引回数が増えます。
取引回数が多いので、取引手数料がかかるFX業者よりも株式会社MJ FXヒロセ通商「LION FX」のような取引コストのかからない業者がいいでしょう。
また低スプレッドの業者でないと利益が得られなくなります。
なので米ドル/円のスプレッドが0.5銭〜というのが評判のFXブロードネットや同じく0.8銭固定の株式会社MJ、0.9銭固定のFXOnline Japanといった業者や米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドルが1銭以下〜のFXブロードネットがよく利用されています。

スキャルピングはデイトレードやスイングトレード等と違い、
長期間ポジション(売買した通貨ペア)を保有しません。
スキャルピングはタイムリーに相場と向き合い取引が行えるので、
通貨の急落が起きてもその場で対応できるなど損害を受けるリスクが
他の取引手法と比べて低いのも魅力のひとつです。

スキャルピングでまず、種銭を稼いで、それから、大きな取引に移行するのも一つの手段かもしれません

推薦スキャルピング教材
【恋スキャFX】
 FX初心者でも空いた時間にぱぱっと稼ぐ、究極のスキャルマジック



推薦FX口座
株式会社MJ⇒社名変更して外為ジャパンになっています。

ヒロセ通商「LION FX」

ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://fxbigin098.blog94.fc2.com/tb.php/127-d9cfdd42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。